HOME > 今日からキミも囲碁入門! > かんたんなきほんルール

かんたんなきほんルール

■ルール1 石のおきかた


 (ア) 黒石と白石はじゅんばんに一手ずつうつ
 (イ) 石は、線(せん)と線のまじわるところ(交点/こうてん)にうつ
 (ウ) いちど石をうったら、うごかせない

■ルール2 陣地(じんち)の大きいほうがかち


囲碁(いご)は、「あいてよりも大きなじんちをかこったほうがかち」というゲーム。かんたんにいえば、じんとりゲームってわけ。

じんちの大きさは、じぶんの石でかこったところをかぞえればいいんだよ。


まず黒のじんちをかぞえてみよう。
黒地(くろじ)の×じるしのかずは、ぜんぶで32。

  くろじ = 32目(もく)


つぎに白のじんちをかぞえてみよう。

  しろじ = 22目(もく)

黒は32で、白は22。

  けっか = 黒の10目(もく)かち

囲碁では1目(もく)でもおおいほうがかち!

■ルール3 あいての石をかこむととれる

囲碁(いご)の「囲」という字(じ)には、「じんちをかこう」ということのほかに、「石をかこう」といういみもあるんだ。これは、「みかたの石で、あいての石をぐるりとかこむと、とることができる」ってことなんだ。


いま、黒石が白石にかこまれているところ。このあと白にaとうたれると、この黒石はとられてしまう。このように、つぎの手で石がとれるじょうたいを「アタリ」というんだよ。


白がaとうって黒石をとってしまうと、ひだりのようになるんだよ。


石のかずがふえてもおなじこと。

白はaとうてば、黒石をとることができるよ。

■ルール4 うてないところがある


じぶんが石をうったとき、「あいての石にまわりをすべてかこまれてしまうところ」にはうてないんだ。だけど白なら、aにうってもルールいはんにはならないよ。


でもひだりのようなばあい、黒はaにうつことができるんだ。つぎの手であいての石をとることができるときは、aにうってもいいってわけ。


■ルール5 コウってなんだ?


いま、黒石3こが白aの石をアタリにしているところ。つぎに黒はbとうてば、白石1こをとることができるね。


こんどは黒bの石がアタリになってるね。てことは、つぎに白がとりかえしてきて、いつまでたってもおらなくなっちゃう。だから黒が白をとったとき、そのつぎに白はすぐにとりかえすことができないルールになっているんだ。これを「コウ」というんだ。しっかりおぼえておこう。

最終更新日:1999.7.30